2012年11月21日

船瀬、中村対談。

 http://www.youtube.com/watch?v=zq9Tfgao7D0

 

 肺がん検診を受けたグループのほうが肺がんになっている。

 2.

 病気のときに食べ過ぎると、消化吸収のほうにエネルギーを使うから、あまり食べないほうがいいらしい。

 3.

 糖尿病を治した医者が、指導教授に叱られた。

 糖尿病は治らない病気だ。それを治すのはけしからんという。

4.

 分子標的薬は悪いらしい。
 
 5.

 輸血をしなくても手術はできるらしい。

6.

 単なる感染症をガンといっている可能性がある。

 7.
 
 小沢裁判の検察審査会はそもそも行われていなかったらしい。

 だから、検察審査会のメンバーの平均年齢は、だせるはずがない。

 


 

 




 

 感想

 高齢者を医療に引き込んで、高齢者を苦しめているという実態があるみたいだ。

 体が栄養を拒否しているのに、チューブで栄養を供給するということが行われているそうだ。






 

 感想と解説

 船瀬さんがワクチンについて知りたがっていたので、ワクチンについて解説します。

 ワクチンには水銀が含まれていて、その水銀で脳神経が攻撃され、ワクチン投与の結果、自閉症になる子供がいます。

 ワクチンが開始される前から、病気は減っていました。下水道を整備して、清潔な水が手にはいるようになったからです。

 ワクチンが開始されて、病気数は横ばいになったか、減少率が減りました。







  
posted by 船瀬俊介さんのファン at 21:25| Comment(0) | 老人医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

精神科は今日も、やりたい放題

中古価格
¥1,097から
(2012/6/26 23:42時点)

抗ガン剤で殺される―抗ガン剤の闇を撃つ

中古価格
¥896から
(2012/6/26 23:46時点)